学生のあこがれの不動産業界

就職したい職業の上位に不動産業界は毎年入ってきます。近年不景気といわれており、給料が減ってきたり、ボーナスが減ってきたりして、さらに安心といわれていた公務員の給料でさえ減ってきています。そんな日本の景気なので、就職活動をする人にとっては給料がいい起業に入社したいという考えが生まれてくるのは当然です。では給料がいい業界はどこかというと、不動産業界です。まず不動産業界の初任給は産業別でみてみても上位に入ってきます。もちろんこれには理由があります。それは土日休みがないことです。不動産業界すべてにあてはまるわけではないですが、外回りに行く営業や仲介を仕事とする部署に入ると土日休みはほとんどなくなります。ほかの人たちが休みの時に営業をしたりしないと、契約が取れないからです。このように他の職種と違って土日休みがないために賃金がほかの職種よりも高めに設定されているのです。なので人を説得するのが得意な人や営業に興味がある方にはお勧めできる仕事です。このように初任給や給料が高めに設定されていますが、このほかにもいいところがあります。それが歩合制を取っているところです。すべての企業がそのシステムを取っているわけではないのですが、給与システムに歩合制を取っているところは多いです。そのために、自分の頑張りが正当に評価されるということです。つまり営業実績によって、同じ年に入社した人でも先に入社した先輩よりも多くの給料をもらうことが出来るのです。このようなシステムを取り入れている企業に就職できたら、仕事に対して一生懸命取り組むことが出来ます。最初に初任給は土日休みがない代わりに高めに設定されていると述べましたが、休みがないわけではないのです。土日は多くの消費者が休みである時に仕事をするので働くのですが、反対に月曜日から金曜日の間の平日に休みがあるのです。これを交代制にして社員は休みを取っているのです。つまり不動産業界は休みもほかの業種と同じようにあり、さらに給料も高めに設定されており、自分の頑張りが評価されるという世界なのです。実力社会に挑んでみたいという方は不動産業界に就職するのも検討してみてください。

Copyright ©All rights reserved.学生のあこがれの不動産業界.